shinoの小箱

オススメアニメと育児 に関する情報を発信しています。

『がんばれ!ルルロロ』から学ぶ子育てのヒント!親のあり方とは?オススメのはなし3話を紹介!

「くまのがっこう」のスピンオフで知られる「がんばれ!ルルロロ」

くまの姉妹が活躍する可愛らしいストーリーの中に、

子育てのヒントが隠されている回があるのを、知っていますか?

 

今回は、私がオススメする3つの話と、

ストーリーに込められた「子育てに大切なこと」を解説していきたいと思います。

 

 こんな人にオススメ 

・子育て中のお父さんお母さん

・ルルロロが好きな人

・可愛い絵柄が好きな人

・女の子の親御さん

・男の子の親御さんも是非!

 

「がんばれ!ルルロロ」とは

 あらすじ

大ベストセラー絵本「くまのがっこう」シリーズから生まれたテレビシリーズ・アニメ。

主人公は、くまのふたごの女の子。オレンジ色がルルで黄色がロロ。

「ぴっ、けーれー!」ルルとロロがきょうのおしごとにチャレンジ!

お庭の草むしりをしたり、海へ出かけたり、赤ちゃんのお世話をしたり…

大人にはちっぽけな出来事も、子どもたちには大ミッション。

おかたづけに料理、パパやママやおばあちゃんのお手伝いをする時は、

声をそろえて「えいえいおー!」とはりきります。

ルルロロのドキドキとワクワクがいっぱいのおはなしです。

引用:公式ルルロロHP

1期13話 さんりんしゃだいれーす

f:id:buretsu33yume:20190614141453j:plain

©BANDAI/ルルロロ製作委員会

子育てのヒント:子どもの力は無限大

三輪車で町をぐるっと一周!三輪車大レースの始まりです!

おばあちゃんが後ろからついてきて、ルルロロたちを見守ります。

けいと屋さんから飴をもらったり、

友達のマギーに挨拶したり、途中までは軽快に三輪車を漕いでいきます。

 

そんな中、中盤にさしかかった辺りで雨が降り出します。

持ってきていたカッパを持って、もう一度漕ぎ始めますが・・・。

なんと、ロロが途中で転んでしまうのです。

雨がふりつけ、三輪車もこげなくなり、心が折れかけているロロ。

ルルは必死に、ロロを励まします。

もう少し、頑張ろうと。

 

二人はヨタヨタと歩き始めます。

ゆっくりゆっくり、でも確実に一歩ずつ、家に近づいています。

 

そして雨がやみ、お日様が顔を覗かせた頃。

ついにルルロロは、家までたどり着くことが出来ました!

 

親のあり方:時にはジッと黙って見守る

ようやく・・・ようやく家までたどり着いたルルロロ。

「やったー!」と大喜びの二人。

本当に頑張りました。

あきらめず、二人で支え合ってゴールした成功体験は、きっと二人のかけがえのない経験となるでしょう。

 

そして、そんな二人を、無言で抱きしめるおばあちゃん・・・。

 

このときのおばあちゃんがまた、泣けるんです。。。

「無言」というのが、おばあちゃんの心情をよく表していますね。

 

おばあちゃんは、手をさしのべようと思えば、さしのべられたんです。

雨が降ったとき、

三輪車で転んでしまったとき、

「もう動けない」と言った時。

 

でも、おばあちゃんは黙っていた。

ルルロロから助けを求められない限り、自分から声を変えず、ただジッと、見守っていたのです。

 

本当は、おばあちゃんは声を掛けたかったはずです。

助けてあげたかったはずです。

でも、耐えた。おばあちゃんはジッと、ルルロロを信じて、見守っていた。

 

そしてついに、ルルロロは自分達の力で、家までたどり着くことが出来たのです。

そこからの無言で抱きしめるおばあちゃん・・・。

 

もちろんルルロロは頑張りました。

でもその後ろで、おばあちゃんも頑張っていた。

私はそんなおばあちゃんの姿に、思わず感動し、涙してしまいました。

 

時には子どもを信じて、ジッと見守る。

それが子どもの成長を促し、成功体験をさせてあげられる。

とても大切なことだと、学ばせてもらいました。

 

2期8話 まちきれないんだもん!

f:id:buretsu33yume:20190614141534j:plain

©BANDAI/ルルロロ製作委員会

子育てのヒント:子どもには子どもなりの理由がある

ルルロロがピクニックへ行く準備をする話です。

「あれも持って行こう」「これも持って行こう」

 

・大根たくさん

・大きな石

・お花の鉢植え

 

正直、いらない!

私だったら、「ピクニックに行くのにこんなに持って行く必要ないでしょ?!」なんて言っちゃいます。

 

ただ、少し待って欲しいのです。

一見持って行く必要のない、大根や大きな石。

しかしよくルルロロの話を聞いていると、

子どもながらに、しっかりとした「持って行く理由」あるのです。

 

大根は「お腹が空いたときに食べる」

石は「風で飛ばされないように」

お花の鉢植え「お花さんに美味しい空気を吸わせたい」

 

ルルロロたちは決して、ふざけているのではありません。

大まじめに、良かれと思ってやっていることなのです。

 

親のあり方とは:子どもの考えを否定しない

そして、「凄いなぁ」と思ったのが、

なんとこのルルロロが用意した荷物を、パパたちは全部車に詰め込んで持っていくのです!

明らかにいらないのに!

しかしパパ達は、大人目線で「いらない」と一刀両断せずに、ルルロロたちの考えを尊重して、使わなくても持って行くという選択をしたのです。

 

最終的に、使わないんですよ。

持ってきた大荷物、結局使わないんです。出すけど置いておくだけ。

それどころか準備で疲れたルルロロは、肝心の遊ぶ時間になったら眠くなっちゃってるんです。

 

でも、それでいいのです。 

 

ルルロロのパパ達は、彼女たちなりの考えを否定せず、

広い心を持って、受け入れている。

とても大切なことだと、学ばせてもらいました。

 

1期7話 パーティーのごちそう

f:id:buretsu33yume:20190614141552j:plain

©BANDAI/ルルロロ製作委員会

子育てのヒント:わかりきった結果でも、やりたいならやらせてみる

おばあちゃんのお誕生日のごちそうを作るため、二人だけで料理を作りたいルルロロ。

七面鳥の丸焼きを作りたいけど、材料がない。

冷蔵庫をあけてお魚を発見した二人は、お魚パンケーキ(ルルロロの創作料理)を作ることに。

「パンケーキ」なので小麦粉、砂糖、卵・・・色んな物が必要になってきます。

 

もう絶対やらかす・・・。

 

おばあちゃんもわかってます。

だから心配で心配で、台所の前をウロウロウロウロ・・・・

 

ドンガラガッシャーン!

 

大きな音がして、慌てて 部屋に入ると・・・・

 

親のあり方とは:結果ではなく、過程を見てあげる。尻ぬぐいは親がする。

結果は散々。小麦粉はまき散らすし、冷蔵庫の物は基本ダメにする。

ルルロロも、これには茫然と立ち尽くしていました。

おばあちゃんの誕生日のごちそうを、作りたかっただけなのに。

 

しかし、この大惨事の現場を見ても、

おばあちゃんは、怒りませんでした。

ルルロロたちの失敗した作品に一手間加え、お魚パイを作ってくれたのです。

おばあちゃん、さすがですね。

 

結果、ルルロロたちのお仕事は失敗。

でも、一生懸命だった。

彼女たちなりの知恵を絞り、出来ることを全力でやった。

結果はぐちゃぐちゃだったけど、そこに至るまでの過程は、バカに出来るものではないし、怒られるものでもない。

 

ついつい親は結果を見て「こんなに汚して!」とか「無駄になっちゃったじゃない!」なんて言ってしまうけど、

見てあげるべきはソコではない。

 

もちろん、片付けるのは親な訳で。

だからこそ「こんなに汚して!」と言ってしまうのだけれど。

でもきっと、子どもの尻ぬぐいを親がするからこそ、

子どもはやりたいことを全力で出来て、時には失敗して、たくさんの経験を経て、成長していくのではないかなと、思ったのです。

 

子どもがやりたいことをやらせる。結果ではなく過程を見て、

失敗した尻ぬぐいは親がすることで、子どもが成長できる。

とても大切なことを、学ばせてもらいました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

子ども向けと思って侮るなかれ。

中には大人も考えさせられる、子育てに役立つヒントが、沢山隠されている回もあるのです。

たまにはゆったりとした気持ちで、ルルロロをご覧になってみてはいかがでしょうか。